あなたを変える!人間関係改善講座

「自分らしく」過ごしたいあなたに送るスキルアップ講座

生活習慣

記憶力を高める方法!寝る前と翌朝の2回復習で記憶を定着させる!

投稿日:

デキる人になるレッスン

ものを覚えるには何度も何度も復習するしか方法はありません。
ただやみくもに復習していては効率が悪いことをご存知ですか?
「脳の性質」を理解して実践するのとしないのでは、復習の効果が全然違います。なるべく効果的な復習方法で、効率よく記憶を定着させたいですね。
今回は、記憶力を最大限に引き出せる方法についてまとめてみました。

「夜寝る前」と「翌朝」の2回の復習が一番効果的

夜と朝の2回復習をすれば何でも覚えられます。本当でしょうか?

先ずはじめに「記憶が残りやすい時間」というものがあります。
それは「寝る前」です。やり方は簡単です。
覚えたいことを書いたノートや本を準備しておきます。

寝る前に一度見て、翌朝、起きたらもう一度見ます。

これだけです。本当に、これだけで記憶はかなり残りやすくなるのです。

寝る前の記憶はどうして残りやすいのか

私たちの起きている時間は、一日中「五感」からたくさんの情報が脳に入ります。何かを一生懸命覚えようとしても、そういった余分な情報がどうしても邪魔をしてしまうようです。

ところが、寝ている間は一切の情報が入ってきません。
余計な情報が遮断されて、記憶したい情報だけが完全な形で脳に残りやすくなっていると言えます。

さらに素晴らしいことに、人間の脳は寝ている間に記憶を整理する能力を持っています。なので、その直前に覚えたい情報を入れ込むと脳に定着し、記憶に残りやすいと考えられています。

情報が大切なものかどうか脳が独自に判断する

「夜寝る前」と「翌朝」の2回、
この短い間隔で復習することにも大きな意味があります。
私たちの脳は、記憶しようとする情報が
「本当に必要なものなのか?」
「長期間残すべきものなのか?」を独自に判断しているのです。

判断基準は、「見る回数」と、「使う回数」です。
この二つの頻度が高ければ高いほど、多ければ多いほど、
脳はその情報を【重要】なものと解釈して記憶に残そうと判断します。

勝手に判断してくれる 脳ってすごいですね。

なので、その回数を稼ぐためにも「夜寝る前」と「翌朝」の2回の反復の復習は
一番効率が良いと言われています。

24時間以内の復習も有効

プラス1週間以内に総復習も

もっと記憶力を上げたいのなら、
平日の「夜寝る前」と「翌朝」の2回と、週末にもう一度復習してみましょう。さらにその週に学習したことの総復習をすると、記憶の定着は格段に高くなるでしょう。

長期に渡る記憶として脳に定着させるには、何度も見て書いて、声に出して読んでまた繰り返します。無理やりにでも脳に記憶させるしかないのです。

「反復学習」しなければ、覚えられないのが人間なんですね。
あたりまえのことですが、復習する「努力」が必要ということなのでしょう。

ノートを用いた記憶方法

ノートは記録ではなく「記憶」するために書く

覚えたいことを何でもノートに書いて復習する方法もあります。
用途やジャンルに応じてノートを使い分けません。

ノートを一冊にすると記憶しやすくなる

一冊のノートに、仕事の情報や記録・読書の記録やアイデア、プライベートな日記など、なんでもすべて書き込む方法です。こうすると「復習」しやすいのです。暇な時や、寝る前にノートを開くだけで、全てのジャンルの全ての内容を
パラパラとめくり見るだけで復習できます。

ノートは薄いものが便利

ページ数の多いノートだと、携帯するのに不便です。例えば、ずいぶん前の記録したものと、最新の記録を比較したい時に、一冊のノートだとページを都度前後してめくり見なければなりません。
二冊に分かれていればどちらも開いて見ることができるということです。

なので、40ページくらいの薄いノートを、時系列で書き込んで次々と書き込んでいけば見直しや復習するときにものすごく便利です。

  • 一冊のノートに書く
  • 時系列で書く
  • 薄いノートを使う
  • 携帯して時間があれば見る

忘れん坊の脳を毎日サポートするイメージです。
ノートはなるべく復習しやすいように書いて、いつでも見返しができるように意識するといいですね。

まとめ

今回は

  • 「夜寝る前」と「翌朝」の2回の復習が一番効果的
  • 寝る前の記憶はどうして残りやすいのか
  • 情報が大切なものかどうか脳が独自に判断する
  • 24時間以内の復習も有効
  • ノートを用いた記憶方法

について、まとめてみました。

人間の脳は、反復学習しないと覚えることができないようになっているようです。テストが定期的にある学生さんや、資格試験を受ける人のは
毎日コツコツ地道に、何度も何度も復習を繰り返す「習慣」をつけることが大切なんですね。
忘れにくい「記憶」をつくるには、そうした努力が必要ということでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

-生活習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歩くだけで記憶力と集中力が上がる!?

「散歩は健康によし精神にもよし」と言われます。 約15分くらいの散歩で、ダイエットの効果もあがるし、また認知症の予防にもなります。 また気分が落ちこみがちな時や、不安な時、 うつ状態な時に外に出歩くと …

部屋がきれいな人の共通点 仕事もプライベートも充実している人は部屋がきれい!

昔から「その人となりを見れば」と言われます。きちんとした印象の人は、その人がいつもどんな生活を送っているのか雰囲気でわかるものです。 部屋がきれいな人というのは、心に余裕があります。きれいな部屋で過ご …

メモを取るだけでアイデアマンに!あなたは気づいていないだけ

メモってどうやって取ればいいの?アイデアを書き留めておきたいけど、どんな要領で書けばいいの?手帳は持ち歩いているけどメモを取る習慣がない 結局はメモを取るのが面倒くさくて、ステキな手帳も開けば、中身は …

整理整頓のコツ 人間ひとりが持つ物の適正量は!?

家の中においてある「物」…どれだけの物があるか、どれだけの数があるか知っていますか? 日常生活の中、そこに何が入っているのか理解していても、「量」や、「いくつ」入っているかは、しっかり数えたことがない …

人気ブログランキング

にほんブログ村

プロフィール

日々の気になること、生活習慣の見直し、人間関係改善のコツや、ポイントをご紹介しています。

プロフィールの続きはこちらから