あなたを変える!人間関係改善講座

「自分らしく」過ごしたいあなたに送るスキルアップ講座

生活習慣

整理整頓のコツ 人間ひとりが持つ物の適正量は!?

投稿日:2020年12月10日 更新日:

家の中においてある「物」…どれだけの物があるか、どれだけの数があるか知っていますか?

日常生活の中、そこに何が入っているのか理解していても、「量」や、「いくつ」入っているかは、しっかり数えたことがないはずです。

「いくつ」もっているのか・・・? どれだけの「量」があるのか・・・?

そう聞いて、はっとしませんか?

どこになにが入っているかはわかっていても、物の数までは把握してないものです。

そう思ったあなた!今日から物を減らしていきましょう!

所持するものを少なくすることによって、生活していくうえでの流れが格段に変わります!

もう一度 自分がもっている物の量、物の数を把握してみましょう。そうすることで、

  • 「買いだめしすぎない」
  • 「似たようなものを買わない」
  • 「同じものをダブって買わない」 

を、意識しなおすことができるでしょう。

それではさっそく そんな日常あるあるを、解決していきましょう。

さっそく順番にすすめていきます!

整理整頓する物の適正量の決め方は?

先ずは「物」の量を決めましょう。物は意識しないと、どんどん増え続けます。

そうなると整理整頓するというより、押し込んでつめこむ状態になります。

わかりやすく言うと、

定番ネタの 押入れをあけたら、ドサドサっとなだれのように押し込んだ物が落ちてくる

まさにアレです。

物の数を決めるとこんなメリットが生まれます。

  • 物が増えなくなる
  • 部屋のものがいつも一定数を保つ
  • 収納スペースががスッキリする
  • 掃除がカンタンになる
  • 部屋がお気に入りのものだけの空間になる

使っている数で決める

量の決め方として、

まず、

  • いくつ使っているか
  • いくつあると足りるか  で考えるとよいでしょう。

現在使っている物だけでなく、予備の数も合わせた数が、適正量となります。

収納できるスペースで決める

いくつあっても困らないという物も、収納スペース以上の量だと、意味がありません。

きちんと無理なく入る量を「適正量の目安」にします。

整理整頓をしなくていいのがベストな状態

これは、自分の持ち物を極限まで減らして「片づける」という必要をなくす方法です。

こうなると、かなり 物の数 が限られてきます。

数える必要もない・・・という状態でしょうか・・・。

人間ひとり分の持ち物を劇的に減らしてしまうと、そうなってしまうのでしょうね。

整理整頓の意味を理解する

最初に整理の意味から見ていきましょう。

  • 整理とは、乱雑な状態にあるものを整えることです。
  • 整頓とは、正しい位置にきちんと置くことです。

とにかく「整える」「きちんとする」ということです。

いる・いらないに分けて、いらない物を捨ててしまいましょう!

整理整頓のルール

整理整頓のルール 1. 物を増やさない

物を買いすぎない・買い物に行く回数を減らすのが一番です。

買う前に、もう一度自分に聞いてみてください。

「これは本当に、どうしても、今必要なものなのか・・・?」

この 自分に向ける質問 はけっこう効果ありますよ!

これで買いすぎの自分にストップをかけることができます。

整理整頓のルール 2. 物を捨てる

コツは、「いるもの」「いらないもの」を決めるだけです。

もったいないから

高かったから

まだ着れるから

いつか着るから

そんな思いで、何年も前からずっと残してある 服やカバン… ありませんか?

ありますよね。

「いつか」って、いつですか? そんな日はありません。勇気を出して捨てましょう。

整理整頓のルール 3. 物を入れる場所を決める

片付けができる人と、できない人の「違い」は、

物を同じ場所に戻すことが「できるか」「できないか」 だけです。

物を元にあった場所にきちんと戻していたら、あたり前のことですが部屋は散らかりません。

整理整頓の効果

「お金を貯めたいなら 先ずは、部屋をきれいにする」

「生活を変えるなら 先ずは、部屋をきれいにする」

もはやすでに合言葉ですね。なにをはじめるにしても、先ずは、部屋を整理整頓からです。

  • 掃除するのがラクになる
  • 余分な物を買わなくなる
  • 気分が落ち着きリラックスできる

などなど・・・。

部屋を整理整頓するということは、今の自分を変えるということ。部屋の状態は心の状態と言われています。物を捨てて、きれいに整理整頓する。物が少ないから、掃除も片付けもカンタンに済みますね!

  • 整理整頓の本来の意味を理解して
  • 整理整頓のルールを作って
  • 整理整頓後の効果を体験してみましょう!

部屋のスッキリ感と、心のスッキリ感!ぜひ実践してみることをおすすめします!

まとめ

今回は、整理整頓について、物の数・適正量、その効果についてご紹介しました。

自分を休ませる大切な部屋です。

無理のないルールを作っていつもスッキリした空間を保ちましょう。

部屋の環境を変えるということは、自分のこれからの人生を変えることにつながります。

これからのあなたの人生が素晴らしいものになりますように。

あなたの困ったときのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

    -生活習慣

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事

    記憶力を高める方法!寝る前と翌朝の2回復習で記憶を定着させる!

    デキる人になるレッスン ものを覚えるには何度も何度も復習するしか方法はありません。ただやみくもに復習していては効率が悪いことをご存知ですか?「脳の性質」を理解して実践するのとしないのでは、復習の効果が …

    歩くだけで記憶力と集中力が上がる!?

    「散歩は健康によし精神にもよし」と言われます。 約15分くらいの散歩で、ダイエットの効果もあがるし、また認知症の予防にもなります。 また気分が落ちこみがちな時や、不安な時、 うつ状態な時に外に出歩くと …

    部屋がきれいな人の共通点 仕事もプライベートも充実している人は部屋がきれい!

    昔から「その人となりを見れば」と言われます。きちんとした印象の人は、その人がいつもどんな生活を送っているのか雰囲気でわかるものです。 部屋がきれいな人というのは、心に余裕があります。きれいな部屋で過ご …

    メモを取るだけでアイデアマンに!あなたは気づいていないだけ

    メモってどうやって取ればいいの?アイデアを書き留めておきたいけど、どんな要領で書けばいいの?手帳は持ち歩いているけどメモを取る習慣がない 結局はメモを取るのが面倒くさくて、ステキな手帳も開けば、中身は …